Mediwel Log メディウェルログ イメージ画像

診療報酬改定後の
道内医療機関の動向 

20161214_23_skillup_leaflet 2016年度の診療報酬改定では、重症度、医療・看護必要度の見直しや病棟群単位の届出の新設、回復リハビリのアウトカム評価の導入、療養病棟入院基本料2では医療区分2・3の患者受け入れの要件化などを中心に改定が行われました。改定内容は9月30日まで経過措置期間が設けられた項目も多くあり、現在、大方の改定項目が反映されてスタートしている状況です。
 今回、当社より9月30日までの経過措置を終え、道内の医療機関にどのような影響や動きが出ているのかを報告し、その後にグループワークとして自院の対応や近隣施設等の状況などについて意見交換を行いたいと思います。
 師走のお忙しい時期ではありますが、今年最後のマネジメントスキルアップ研修会を開催させて頂きますので、皆様のご参加を心よりお待ちしております。

案内書はこちら

日 時 :2016年12月14日(水)
     18:30〜20:00(開場18時)
会 場 :興銀ビル3F中会議室
    (札幌市中央区北1条西5丁目2番地)
参加費 :<クラヴィス会員>  無料
       <クラヴィス会員外> 5,000円
プログラム :1、講演
        ■「9月末までの経過措置を終えた道内医療機関の状況」
              株式会社メディウェル 取締役 古川 俊弘
       2、グループワークによる意見交換
        ■「診療報酬改定の自院の対応・状況について」 
       3、グループワークの発表・まとめ
申し込み方法 :お申込書をFAXください

 在宅推進に向けて「看取り」対応が声高に叫ばれています。政策主体の意図とは裏腹に、医療・介護現場からは「在宅推進という掛け声のもと逆に『看取り』推進の抑制策に転じているのではないか」と疑問の声が高まっています。どういうことでしょうか。「看取り=在宅」への
続きを読む

 「個別の病院祭の域を超えて乳幼児の家族連れから近隣の住民まで全世代参加の今時珍しい文字通りの地域祭となっている」――そんな賛嘆の声が間近から聞こえてきました。 8月4日の午後6時から開かれた北海道札幌市東区にある東苗穂病院が開いた第29回夏祭りの1コマです。
続きを読む

 昨年11月1日に、がん、脳卒中、心臓病の三大疾病に特化し、陽子線治療など未来志向型病院として移転新築し、高次急性期対応民間病院の新たなあり方として注目を集めている札幌禎心会病院(徳田禎久理事長)の放射線治療件数が、新病院開設後半年間で60件近くとなっているこ
続きを読む

9月末までの経過措置前に重症度、医療・看護必要度を考える8月30日(火)に第22回マネジメントスキルアップ研修会を開催いたします。今回の研修会のテーマは今年の改定で評価基準が新しくなった重症度、医療・看護必要度についてです。急性期病院に深く関連する看護必要度で
続きを読む

↑このページのトップヘ