Mediwel Log メディウェルログ イメージ画像

働き方改革と病院経営の未来
〜2018年度改定で期待されている病院のあり方〜


 地域包括ケアシステムの構築を目的とした第29回スキルアップ案内書【WEB用】2018年度診療報酬、介護報酬の同時改定がいよいよスタートしました。今回改定の大きな柱の1つは働き方改革です。医師の業務負担軽減にとどまらず、医療従事者全般に対象が拡大されたように、各種の業務整理や専門性、評価を通じ、院内における多職種共働の推進が期待されています。
 本研修会では、医師事務作業補助体制加算と急性期看護補助体制加算などの重点評価の持つ意義、特に病院勤務医の負担軽減を推進するための診療報酬19項目の具体的な活用方法に焦点を当て、期待される病院のあり方と担い手の一助になるよう企画いたしました。皆さまのご参加を心よりお待ち申し上げます。



日時:2018年4月20日(金)
   16:00〜18:00(開場15:30)

会場:興銀ビル3F中会議室
   (札幌市中央区北1条西5丁目2番地)

参加費:クラヴィス会員:無料
    クラヴィス非会員:5,000円

申込方法:お申込書をFAXください


<ブログラム>
1.「医師事務作業補助体制加算、急性期看護補助体制加算などの
  重点的評価は、事務部門、看護部門に何を期待しているのか」

 講師:(株)メディウェル 顧問 古川俊弘

2.「『病院勤務医の負担軽減及び処遇の改善に対する体制』に関わる
  診療報酬点数19項目の活用」

 講師:(株)メディウェル コンサルティング事業部
       シニアコンサルタント 松井郁子

3.質疑応答

診療情報管理者のお仕事 平成30年診療報酬改定で200床以上の療養病棟でデータ提出加算が要件化されます。データ提出において診療録管理体制加算が要件であり、診療情報管理が要となります。データ提出、診療録管理体制加算導入を検討する医療機関の管理者、実務担当者を対象
続きを読む

平成30年度診療報酬改定対策と療養病棟の将来 目前に迫った診療報酬改定。期待されているのは病棟類型の目的にかなった「質の高い医療の提供」であり、医療機関は「終身受入れ型」から「終生支援型」への方向性を期待する改定がされようとしています。200床以上の療養病棟に
続きを読む

2018年度同時改定の方向性と事務部門に期待される役割 来年4月の「同時改定」、2025年を見据えた地域医療構想の下で中医協での第1ラウンドの議論が終わり、本格的な個別事項の議論の段階に入ろうとしています。第1ラウンドの議論の結果、予想される同時改定の方向性、特に
続きを読む

鎌田諏訪中央病院名誉院長ら講師に地域医療体験星空キャンプ開催―8月5日から北海道本別町にて・地域包括ケア研究所主催― 諏訪中央病院を中心にした長野県諏訪市での地域医療実践と市民対象の健康講話などの取り組みで知られる鎌田實諏訪中央病院名誉院長らを講師に、地
続きを読む

↑このページのトップヘ