Mediwel Log メディウェルログ イメージ画像

 「個別の病院祭の域を超えて乳幼児の家族連れから【補正済】IMG_5600近隣の住民まで全世代参加の今時珍しい文字通りの地域祭となっている」――そんな賛嘆の声が間近から聞こえてきました。
 8月4日の午後6時から開かれた北海道札幌市東区にある東苗穂病院が開いた第29回夏祭りの1コマです。

 東苗穂病院は、老人保健施設ひまわりをはじめ、特別養護老人ホーム「ひかりの」など医療と介護、住まいなどを展開する医療法人社団豊生会(星野豊理事長・院長)が開設・運営している同グループの中心となる病院です。今年は東苗穂病院が開設されて30周年の節目の年。病院祭は開院の翌年から始められているものです。
 当日は病院と隣接する老人保健施設の間の広場と駐車場、そして老人保健施設の一部が開放され、それぞれに屋台や手作り雑貨販売などのコーナーが花を添えていました。この日会場に足を運んだ人数はおそらく軽く500人は超えています。午後6時からのオープンを前に会場に次々と姿を現した入院患者さんや職員などの病院関係者は200人未満かと思います。おそらく総勢1,000人近い参加者が集まったのです。

 では回数を重ねてきた結果が多くの地域住民が集まる祭りにしたと全てを説明されるのでしょうか。回数を重ねてきたことも理由の一つでしょう。でもそれだけではないと私は感じました。


地域のつながりを作り出してきている
さまざまな試みが一堂に

 例えばこの日手作り野菜などのコーナーを担当された人【補正済】IMG_5603たちは孝流学舎に集まる地域の皆さんです。東苗穂病院のスタッフの説明によると、以前は自宅で一日を過ごすことが多かったと言います。それが手工芸制作・家庭菜園・茶話会や花見、紅葉狩りなどの行事や単身男性料理教室などをきっかけに地域の仲間の集まりの輪を広げ、今ではボランティア養成などへと活動を広げ、誰でも利用できる地域住民交流の場となっています。

 豊生会グループの活動が地元商店街の役員会まで裾野を広げる中、地元の伏古商店街と札幌大谷大学の学生さんが商品開発した「玉ちゃんアイス」(札幌市東区特産の玉ねぎ「札幌黄」を使ったオリジナルアイス!)の販売コーナーも今年は初登場。札幌市内でも唯一と思われる地域の常設型サロン「フラットステーション伏古」に足運びされている皆さんなど、さまざまな地域とのつながりを創出してきている豊生会グループの取り組みが大きな力となっていることは間違いないのではないか――私はそう感じました。

 風船を使ったバルーンアートショーやYOSAKOIソーランなど、華やかなステージが雰囲気を盛り上げる中で何と言っても圧巻は子供盆踊りでした。学齢前のよちよち歩きの子から学齢児に至るまで、100人近い子供たちが踊りに興じたのです。私自身同じ東区の住民ですが、私の地域の子供盆踊りは10年以上前に子供の減少により廃止されているといったら参加児童の多さを想像いただけるでしょうか。隣近所を超えた地域の祝祭の場となっているのです。
 その子供たちをリクライニングの車いすに体を預けた患者、あるいは在宅の方とご家族などがうれしそうに、病気とは縁のない赤ちゃんを抱いた若い夫婦や中学生、高校生などが一堂に会して観覧している光景。「ときどき入院(病気)、ほぼ在宅」に代表される地域包括ケアネットワーク時代の地域と病院の関係のあり方を示唆するものが確かに存在している――そのことを実感させていただいた2時間でした。

 地域密着病院とは何か、「外来と入院を」になっていればよかった時代はどうやら姿を変え、また変化を期待され必要とされている時代の足取りを感じさせていただきました。そのことを私は忘れることはないでしょう。

 昨年11月1日に、がん、脳卒中、心臓病の三大疾病に特化し、陽子線治療など未来志向型病院として移転新築し、高次急性期対応民間病院の新たなあり方として注目を集めている札幌禎心会病院(徳田禎久理事長)の放射線治療件数が、新病院開設後半年間で60件近くとなっているこ
続きを読む

9月末までの経過措置前に重症度、医療・看護必要度を考える8月30日(火)に第22回マネジメントスキルアップ研修会を開催いたします。今回の研修会のテーマは今年の改定で評価基準が新しくなった重症度、医療・看護必要度についてです。急性期病院に深く関連する看護必要度で
続きを読む

 先日、ようやく「かかりつけ薬剤師」としての対応を顔なじみの薬剤師さんから受けることができました―。 こう表現するとおそらく皆さんはどういうことか、といぶかるのではないでしょうか。 今回改定では、鳴り物入りでかかりつけ制度の普及と各職種への広がりを目的と
続きを読む

 認知症ケア対応の強化を目的に、2病院団体(全日本病院協会北海道支部、北海道病院協会)の共催で7月28日〜29日の2日間、「病院看護師のための認知症対応力向上研修」(仮)が開催されます。 今回の診療報酬改定で新設された認知症ケアに対する取組評価を受け、認知症ケア
続きを読む

↑このページのトップヘ