Mediwel Log メディウェルログ イメージ画像

 平成18年診療報酬改定のポイントの一つは、人工透析。
 今回の改正にあたって夜間・休日加算点数の引き下げが提案されています。
 さらに人工透析治療の外来1日点数にエリスロポエチンを包括した上で、「点数を引き下げたい」(8日中医協での麦谷厚生労働省保険局医療課長)考え。エリスロポエチン適正使用を促すための対応と説明されていますが、諸外国と比較しても1回あたり使用量は少なく設定されているなど医療界から反発の声もあがっています。
 当初は廃止も盛り込まれていた休日加算、夜間加算の引き下げが与える影響も少なくありません。
 さらに透析治療の要といえる医療保険材料ダイアライザーも引き下げられる予定ですから、透析医療機関は四重の引き下げに直面することになります。

 人工透析に関係する診療報酬点数は、この間の改定で一貫して引き下げられています。
 かつては黒字経営の代名詞のように言われた人工透析ですが、既に実態は異なっています。都心部の透析クリニックは、経営維持の限界に直面し「既に撤退を余儀なくされている」(中医協での石井委員の発言)ことが指摘されています。
 大規模透析クリニックへの集中化が一段と進むことは避けられません。
 この場合、どうしても交通の便など治療の受けやすさに制限が生じてきます。
 透析治療患者の就業保障・支援に直接影響します。
 8日の中医協で支払い側委員が相次いで危惧を表明、見直しを求めたのはこのためです。
 患者団体も危惧しています。
 13日、そんな懸念を抱いて東京都腎臓病患者連絡協議会と透析医が厚生労働省内で記者会見を行いました。
 テーマは、「今回の診療報酬改定 特にエリスロポエチンの包括化に関して」。
十分、理解できる行動です。

 なんとも罪つくりな妖怪が現れた。「急性期入院加算」「急性期特定入院加算」廃止という動きだ。 二つの加算は、「急性期医療の実施体制・地域医療との連携体制の指標」※として紹介率(30%以上)と平均在院日数(17日以内)、診療録管理体制などを要件とするものだ。そ
続きを読む

 今回改定のポイントの一つは、有床診療所評価です。 主要改定項目案は、有床診療所について看護職員が5人以上いる場合と5人未満に2区分、前者を「有床診療所入院基本料」として、後者を「同特別入院基本料」で評価する形に見直す考えを打ち出しました。その上で入院期間14
続きを読む

 紹介率を要件とする加算廃止と併せて今回改定で大きく変更されるのが入院基本料です。 当初考えられていた看護師構成比率の引き上げなどは見送られ、現状比率の踏襲に落着しました。 また、「夜間勤務等看護加算」廃止と入院基本料への再構成は、2人以上の看護職員によ
続きを読む

 1月26日介護給付費部会が開かれました。この日のテーマは4月1日から変わる介護報酬と指定基準の見直し案の検討などが目的でした。提案どおり承認された介護報酬の見直し案。さて、その中身は?    筋力トレーニングなど何かと注目を集めた介護予防。 実際に介護報酬を
続きを読む

↑このページのトップヘ