2018年度同時改定の方向性と事務部門に期待される役割

 来年4月の「同時改定」、2025年を見据えた第26回スキルアップ案内書地域医療構想の下で中医協での第1ラウンドの議論が終わり、本格的な個別事項の議論の段階に入ろうとしています。第1ラウンドの議論の結果、予想される同時改定の方向性、特に診療報酬改定の基本方向性も明らかになってきました。今回のスキルアップ研修会は医療介護一体改革、改定の方向性と病棟再編の視点などを明らかにすることを目的に開催いたします。同時にDPC見直し等が医療機関に提起する内容等を示すとともに、中医協が「診療報酬の事務効率化、合理化」を議題に取り上げた意味を通じて今後の事務部門に期待される役割を明示したいと考えております。
 なお、今回は、2部構成ともに2日間に分けてのご案内となります。特に第2部は日によって主たるテーマを別にしております。希望テーマにより選択賜れば幸いです。皆さまのご参加を心よりお待ち申し上げます。



日時:2017年9月25日(月)・26日(火)
   18:30〜20:00(開場18時)

会場:興銀ビル3F中会議室
   (札幌市中央区北1条西5丁目2番地)

参加費:クラヴィス会員:無料
     クラヴィス非会員:5,000円

申込方法:お申込書をFAXください