11月に間に合わせたいデータ提出加算届出の実践課題
〜療養病棟、回復期リハ病棟の将来〜


 ビッグデータに基づく医療政策時代を目前にして、第30回スキルアップ案内書【WEB用】2200床未満の療養病棟も対応が求められています。データ提出加算については許可病床数200床以上の療養病棟だけでなく、回復期リハビリテーション病棟入院料5・6算定医療機関についても待ったなしの対応が求められます。
 2019年3月末の経過措置の期限を鑑みて1月からの算定を目標にすると8月の届出が必須。診療録管理体制の整備をするなど今すぐ準備をする必要があります。本研修会では、弊社が手掛けたデータ提出加算算定までの支援を通じて明らかになった課題と準備の進め方を中心に行います。
 皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。


日時:2018年7月13日(金)
   16:00〜18:00(開場15:30)

会場:興銀ビル3F中会議室
   (札幌市中央区北1条西5丁目2番地)

参加費:旧クラヴィス会員:3,000円(会員期間は問いません。会員かご不明な場合はお問い合わせ下さい)
    一般      :5,000円

申込方法:お申込書をFAXください


<プログラム>
1.「データ提出加算ノススメ 〜療養病棟、回復期リハ病棟の将来〜」  
            講師:(株)メディウェル 顧問 古川俊弘

2.「データ提出加算ヘススメ 〜知っておきたい導入基礎知識とスケジュール〜」
            講師:(株)メディウェル コンサルティング事業部
                  シニアコンサルタント 松井郁子
3.質疑応答