第31回スキルアップ研修会
これがラストチャンス?! データ提出加算届出のための最重要ポイント
              〜急性期一般入院料、療養病棟等の将来〜 


 2018年度診療報酬改定を受けて急性期一般入院基本料第31回スキルアップ案内書【表面メディウェルログ用280×396】、許可病床数200床以上の療養病棟、回復期リハビリテーション病棟入院料算定医療機関は、来年4月1日からデータ提出加算の届出が義務付けられました。対象となる医療機関は現在、経過措置期間ですが、届出と算定開始のためには本年11月までに参加の意志表明が必要です。
 万が一届出が間に合わなければ現行の入院基本料は算定できず特別入院基本料の算定となり、次の届出は3カ月後なので約1/3の入院医療費収入が3カ月続くことになります。
 また、データ提出加算を届け出るためには診療録管理体制整備など、待ったなしの準備が迫られています。来年4月からの算定実現に向けて、弊社が本加算算定までの支援を通じ明らかとなってきた課題と具体的な準備の進め方の研修会を開催することといたしました。
 皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

日時:2018年9月14日(金)
   16:00〜18:00(開場15:30)

会場:興銀ビル3FB会議室
   (札幌市中央区北1条西5丁目2番地)

参加費:旧クラヴィス会員:3,000円(会員期間は問いません。会員かご不明な場合はお問い合わせ下さい)
    一般      :5,000円
     ※当日、現金でお支払い下さい

申込方法:お申込書をFAXください

※受講証などはございません。当日、直接会場へお越し下さい。
※定員になり次第、受付を終了させていただきます。その際はこちらからご連絡いたします。
※申し込み状況により、1施設あたりの参加人数を限定させてさせていただく場合がございますので予めご了承下さい。

<プログラム>
1.「データ提出加算ノススメ 〜急性期・療養病棟等の将来〜
   急性期一般入院料と療養病棟許可病床数200床以上・未満のあり方」  
            講師:(株)メディウェル 顧問 古川俊弘

2.「データ提出加算ヘススメ 〜知っておきたい導入基礎知識とスケジュール〜」
            講師:(株)メディウェル コンサルティング事業部
                  シニアコンサルタント 松井郁子
3.質疑応答