Mediwel Log メディウェルログ イメージ画像

病院経営・運営

 北海道の『障害者施設等入院基本料 10対1入院基本料』(1病棟54床)を算定している病院が、次回診療報酬改定への対応や病院経営の戦略として障害者病棟の差別化を図っているといいます。 その戦略とは人工呼吸器を増設し、『人工呼吸器を着けた患者ならば同院』という意
続きを読む

 DPCへの先進的な取り組みで知られる中規模高次急性期病院が4月から1病棟休床へ−。 ほんの数年前には、病床稼働率が90%を切ると院内に「警告」を発し、安定した病床稼働率の維持と、それによる経営基盤の確立に努めていた公的病院が、いまや一転して70%を割り込み
続きを読む

 増え続ける?「立ち尽くし型」病院。  以前、当ブログで「立ち尽くし型」病院という表現で病院経営を取り巻く実態を規定したことがあります。  「立ち尽くし型」病院とは、経営状態が厳しく、さりとて「譲渡」することもままならず赤字経営のまま一種の「塩漬け」状態
続きを読む

 医師不足と偏在、過酷な勤務などなどいまや「医療崩壊」は社会常識ではないでしょうか。 ついに医療崩壊を超えて医療破壊まで取りざたされる事態に。 危機の深刻さの進行を背景とするものです。 しかし、医療の危機は黒字経営をしている医療機関にも重くのしかかってい
続きを読む

 民間小規模脳神経外科単科専門病院で1.5テスラMRIを2台設置する病院が現れる。 北海道札幌市西区にある医療法人高橋脳神経外科病院(高橋八三郎理事長、松村茂樹院長・99床)がそれだ。 小規模民間病院でこれだけの機器体制整備を行うケースはまれ。 単科専門病院と
続きを読む

↑このページのトップヘ